宮城のニュース

旬のカキ、ワカメたらふく 南三陸でまつり

カキを炭火焼きで味わう来場者

 宮城県南三陸町歌津の商店街「南三陸ハマーレ歌津」で27日、地元で取れた旬のカキや新物のワカメを振る舞う「カキたら福まつり」があった。
 目玉イベントの殻付きカキの詰め放題は、地元の若手漁師たちが約3000個を用意。購入したカキを会場で早速、炭火焼きにして味わう来場者もいた。
 この日の朝に水揚げしたワカメのしゃぶしゃぶが好評で、カキ汁やホタテ焼きの販売もあった。
 友人と訪れた白石市の介護士酒井美紀さん(28)は「カキは味が濃厚で、肉厚なワカメもおいしかった。新鮮な海の幸をその場で味わえるのはうれしい」と満足そうだった。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月28日月曜日


先頭に戻る