宮城のニュース

<みちのく杜の湖畔公園>色いろいろ、アイスチューリップ見頃

見頃を迎えたアイスチューリップ

 宮城県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園で、特殊な手法で開花時期を冬にずらしたチューリップ「アイスチューリップ」が見頃を迎えた。多くの家族連れが訪れ、季節外れの色鮮やかな彩りを楽しんでいる。
 公園南地区の玄関近くにある屋内施設「彩(いろどり)のやかた」で、黄色や白、ピンクに咲き誇る7品種約3000本が並ぶ。
 アイスチューリップは球根を一時冷蔵し、冬を疑似体験させて開花のタイミングを調整する。
 冬は気温が低く、花持ちもいい。2月末ごろまで観賞できる見込みという。
 午前9時半〜午後4時。入場料は高校生以上450円、65歳以上210円、中学生以下無料。連絡先は公園管理センター0224(84)5991。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月28日月曜日


先頭に戻る