福島のニュース

<福島第1>デブリに「指」で接触 2号機の調査機器公開

2号機原子炉格納容器に投入される調査機器の先端部分

 東京電力福島第1原発の廃炉作業に参画する東芝エネルギーシステムズ(川崎市)は28日、横浜市の同社工場で、2号機原子炉格納容器の内部調査用機器を報道陣に公開した。2月に実施する調査で溶融核燃料(デブリ)とみられる堆積物の性状を確かめる。
 機器は昨年1月の2号機格納容器の内部撮影で使った装置を改造。伸縮式パイプから格納容器底部につり下ろす全長30センチの先端部分に、カメラや線量計に加え、長さ3センチの2本の「指」を取り付けた。最大700グラムの力で対象物を挟める。
 同社の担当者は「指は光の反射を抑えるよう黒く塗装した。前回調査では手作業だった先端部分の細かい位置決定も、遠隔操作でできる」と説明した。
 2月の調査では格納容器底部にある小石状や粘土状のデブリとみられる堆積物に機器で触れ、映像では分からない硬さやもろさを確認。堆積物は持ち出さず、得られた情報を新年度下期に2号機で行うデブリの少量採取に生かす。
 調査機器は2月初旬、福島第1原発に搬入の予定。


2019年01月29日火曜日


先頭に戻る