宮城のニュース

女川原発30キロ圏の5市町長懇談会 広域避難など議論

 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にある登米、東松島、宮城県涌谷、美里、南三陸の5市町による首長懇談会が29日、登米市役所であり、原発事故発生時の広域避難計画などについて意見を交わした。
 5市町長をはじめ、原子力規制庁、県、東北電の担当者が出席し、非公開で会議を行った。終了後、取材に応じた熊谷盛広登米市長によると(1)原発異常発生時の対応(2)女川原発の設備変更と稼働に関する手続き(3)原発事故防止の安全対策−などに関し国や県、東北電側から説明があった。
 首長からは「30キロ圏外の隣接地住民の避難計画を明確にする必要がある」「事故の範囲が拡大した場合には他県への避難も考えなくてはならない」などの意見が出たという。
 相沢清一美里町長は、原発再稼働に際し立地自治体にしか求められていない事前同意のUPZへの拡大を求めるべきかどうか、会議前の5市町長の懇談の場で発言したと説明。「今後も継続的に議論するということで一致したと理解している」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年01月30日水曜日


先頭に戻る