宮城のニュース

<楽天>平石監督一問一答 浅村を打線の軸に 先発陣は若手の台頭が鍵 

塩川達也(左)、酒井忠晴(右)両コーチと練習を見守る平石監督=楽天生命パーク宮城

 東北楽天の平石洋介監督は就任1年目の今季、チームスローガンの「リスタート」を胸に最下位からの巻き返しを狙う。春季キャンプの強化ポイントやチームの構想などを熱く語った。

 −春季キャンプを初めて1軍監督として迎える。
 「チームのトップに立つという部分では今までと違うかもしれない。私の決断一つで全てが決まる。そういう責任の重みはある」
 −今キャンプで強化したいポイントは。
 「昨季はなかなか点が取れなかった。特に中軸の起用に困った。今季は浅村が中心になる。体調があまり良くなくても弱い姿を見せず、レギュラーとして高いパフォーマンスを出し続ける。そういう責任感はチームに勇気を与えてくれる」

 −ドラフト1位の辰己外野手(立命大)ら新人6人がキャンプの1軍メンバーに入る一方で、茂木内野手や岡島捕手が2軍スタートとなった。
 「新人はまずは近くで見たかった。1軍で始まったからといって、ずっと1軍にいる保証はない。茂木は昨年終盤にけががあった。今は万全だが、2軍からはい上がってきてほしい。岡島は捕手に戻ったので、2軍でしっかり準備してもらいたい」

 −投手陣の構想は。
 「則本昂、岸の2枚看板に続く先発が鍵になる。美馬、辛島ら実績のある投手に加え、古川、藤平、近藤らいい球を投げる若手が何人もいる。先発の座を競い合ってほしい」
 「松井の起用方法は迷った。今季の戦力を考えると救援陣が不安なので、リリーフにした。松井には『もう一度、抑えを奪いにこい』と伝えた」

 −野手陣は浅村内野手以外にレギュラーが固まっていない。
 「いい選手を使う。外野はこれまでの実績から島内が一歩リードしている。あとは田中、オコエ、橋本、外国人らが争う。辰己や7位の小郷(立正大)も出てきてほしいが、新人はどこまでできるか分からない。1年目から使うかどうか見極めも大切だ」
 「捕手は嶋がリードしているが、チームにとっては嶋に続く捕手が重要になる。特に遊撃を守れる選手にとってはチャンス。それぞれの特長を前面に出して争ってほしい」

 −理想の打順は。
 「浅村は3番にするか、4番にするか決めかねている。できるだけ多く打席に立たせたいと思っている。一回の攻撃で必ず打席に立つ3番というのもあるし、1、2、3番でチャンスを広げて4番浅村に回すという考え方もある。他の選手を含めて、どうすれば打線が機能するか考えたい」
 「攻撃に関しては足を使いたい。足が速い遅いに関係なく、プレーが完了するまでの間は先の塁を狙い続けてほしい。相手がミスや隙を見せたら次の塁を奪う意識を徹底したい」

 −開幕投手は。
 「則本昂、岸のどちらかだろう。投手コーチとどのタイミングで伝えるか話をしている」

 −ファンは6年ぶりのリーグ優勝、日本一を願っている。
 「やる以上は優勝、日本一を本気で奪いにいく。1年通せばいろいろな試合がある。われわれの姿を見て何かを感じてもらえるよう最後まで戦う姿を見せたい」


2019年01月30日水曜日


先頭に戻る