宮城のニュース

線路下にくぼみ、JR東北線6本運休(30日)

 30日午後3時ごろ、松島町のJR東北線愛宕−品井沼間で、線路下の砂利がくぼんでいるのが見つかり、松島−小牛田間の下り線で運転を見合わせた。JR東日本仙台支社によると、くぼみを埋めて安全を確認し、1時間40分後に運転を再開した。上下計6本が運休、下り2本が最大約1時間45分遅れ、約2100人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月31日木曜日


先頭に戻る