岩手のニュース

<JR東日本>大船渡線でBRT自動運転実証試験 運転士不足への対応目指す

運転士がハンドルから手を離した状態で走行するバス

 JR東日本は29日、東日本大震災で被災してバス高速輸送システム(BRT)を導入した大船渡線で実施している自動運転の実証実験を報道陣に公開した。将来的な運転士不足への対応が主な目的で、実用化の時期は未定という。
 実証実験は陸前高田市の竹駒駅周辺の専用道約450メートルで、運転手が乗車した状態で行われている。路面に設置した磁気マーカーや無線でバスの位置を特定し、時速40キロでの走行や停車、擦れ違いを繰り返して技術的課題を探る。
 JR東日本の担当者は「BRTを持続的に営業していくためには自動運転の技術が必要になる」と説明。一方で災害時などの対応も課題となっており「安全性やサービスの質を損なわないよう検証し、実用化を目指したい」と話す。


関連ページ: 岩手 社会

2019年01月31日木曜日


先頭に戻る