岩手のニュース

<東北道>花巻南―盛岡南IC間の最高速度110⇒120キロに 岩手県警、3月から試行

 岩手県警は30日、東北自動車道の花巻南−盛岡南インターチェンジ(IC)間(約27キロ)で3月1日午前10時、試行的に最高速度を時速120キロに引き上げると発表した。少なくとも1年間は継続し、安全性や利便性を検証する。トラックなどの大型貨物は現行の80キロを維持する。
 同区間では2017年12月1日以降、最高速度を100キロから110キロに引き上げて試行的に運用してきた。県警や警察庁は「違反や事故の増加は認められなかった」として、さらなる規制緩和に取り組む。
 最高速度の試行的引き上げは、120キロでも安全に走行できるよう設計されている高規格区間が対象。走行時間を短縮し、利用者の利便性向上を目指す。
 ただ、県警交通規制課は「大型貨物との速度差が広がって過剰な接近が増える可能性もある」と注意を呼び掛けている。
 最高速度120キロへの試行的引き上げは、新東名高速道路の新静岡−森掛川IC間でも3月1日から実施される。


関連ページ: 岩手 社会

2019年01月31日木曜日


先頭に戻る