宮城のニュース

<特殊詐欺>サイト未払い名目で130万円被害

 古川署は31日、宮城県大崎市の看護助手女性(42)がアダルトサイトの未払い料金名目などの特殊詐欺で130万円分の電子マネーをだまし取られたと発表した。古川署によると、1月27日に女性の携帯電話にメールが届き、記載先に電話すると「サイトの登録料金が1年間未納」などと言われ、市内のコンビニで30万円分の電子マネーを購入し、ID番号を教えた。同日中にさらに同様の電話で50万円分、同29日には「携帯電話がのっとられ、セキュリティーが必要」などとする電話で50万円分の要求があり、それぞれID番号を教えた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月01日金曜日


先頭に戻る