宮城のニュース

宮城・七ヶ浜町職員を着服で懲戒免職

 宮城県七ケ浜町は31日、七ケ浜国際村に配属されていた時期に職務に関わる金を着服したとして、男性主任主査(36)を同日付で懲戒免職処分、当時の上司2人を減給処分にした。
 町によると、主任主査は国際村勤務だった2010年1月〜13年12月に、事業運営に当たる任意団体「国際村事業協会」(会長・七ケ浜町長)名義の銀行口座から10回にわたり計106万300円を引き出し、着服した。18年12月に発覚し、主任主査は今月上旬に全額返済した。
 寺沢薫町長は「心からおわび申し上げる。再発防止と信頼回復に向け全力で取り組む」とのコメントを出した。自身と平山良一副町長の減給に関する議案を次の町議会に提出する方針。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月01日金曜日


先頭に戻る