宮城のニュース

登米・米川小に爆破予告 神奈川の小6書き込み疑い 登米署、児相に通告

 インターネット掲示板で宮城県の登米市米川小(児童60人)が爆破予告を受けて臨時休校する事件があり、登米署などは31日、威力業務妨害の触法行為があったとして、神奈川県内の小学6年の男児(12)を児童相談所に通告した。
 通告容疑は1月15日、インターネット掲示板に「米川小をあす午前2時7分に爆破する」と書き込み、翌16日に同校を臨時休校させ、業務を妨害した疑い。
 同署によると男児は18日、神奈川県内の警察署に出頭し、「私がやりました」と書き込みを認めた。男児と同校とは無関係だが、小中学生向けの掲示板上で誹謗(ひぼう)中傷を繰り返している人物が同校関係者と思い込み、「懲らしめてやろうと爆破予告した」と供述しているという。
 書き込みは15日午後6時半ごろ、神奈川県内の高校生が見つけ、110番した。連絡を受けた登米署が調べたが危険物は確認できなかった。米川小は17日に授業を再開した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月01日金曜日


先頭に戻る