宮城のニュース

色とりどりに 角田で国際交流満喫

民族衣装をまとった外国人と交流する子どもたち

 家族連れで国際交流を楽しむイベント「イッツ・ア・スモール・ワールド」が1月26日、角田市のかくだ田園ホールで開かれた。
 市芸術文化振興会と市教委の主催。市内在住や仙台市の留学生たち、ルーマニアやペルー、ベトナム、中国、韓国など9カ国の外国人が参加。民族衣装の着用体験や民族舞踊の披露などで来場者を楽しませた。
 故郷の中国内モンゴル自治区に学校を建設する活動を行っている仙台市の歌手ボルジギン・イリナさんのコンサートもあった。
 両親に連れられてきた丸森町丸森小1年八巻葵さん(7)は「外国の服は模様がきれいだった。いろいろな国の人がいて楽しかった」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年02月02日土曜日


先頭に戻る