山形のニュース

<とうほくドローンeye>蔵王の白い怪物たち(山形・地蔵岳)/CGのような大迫力

 強烈な冬の季節風がいっとき弱まり、蔵王連峰の地蔵岳(1736メートル)の頂上が姿を現した。山肌を覆っていた白い霧がゆっくり流れ去ると、雪原に立っていたのは限りない数の「アイスモンスター」だった。
 高さ5〜10メートルほどに成長した樹氷が視界いっぱいに広がっている。観光やスキーに訪れる人を運ぶ蔵王ロープウェイによると、「今シーズンは雪が少ないが、寒い日が続いて樹氷の出来栄えがとてもいい」。
 仙台市から来た会社員砂智子(すなさとこ)さん(31)は「CGの映画のようなすごい迫力です」。さまざまな形の樹氷を見て回るうちに「キリンさんがいました」とにっこり。
 気まぐれな冬山の空はやがて青く澄んだ。その下で居並ぶ樹氷はまるで、風雪から蔵王を守る白い兵馬俑(へいばよう)にも見えてきた。
(写真部・庄子徳通、小林一成)

▽動画ページはこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


関連ページ: 山形 社会

2019年02月01日金曜日


先頭に戻る