福島のニュース

<FCV>復興五輪へ、福島産水素で加速 都内でPR走行

福島県産水素を使ったFCVの出発式に臨む小池氏(左から2人目)と内堀氏(右から2人目)=31日午後4時ごろ、東京都千代田区三番町

 東京都は31日、福島県内で製造した水素を使った燃料電池自動車(FCV)5台を都内各地で走行させるPR活動を始めた。都は2020年東京五輪・パラリンピックで県産水素を活用する方針。東日本大震災の被災地の製品使用を通して「復興五輪」を都民に呼び掛ける。
 FCVの出発式が千代田区の水素ステーションであり、小池百合子知事は「福島の水素を選手村で活用し、環境に配慮した大会を世界に発信する」とあいさつ。福島県の内堀雅雄知事は「水素は再生可能エネルギーを使って作った。復興五輪のシンボルにしたい」と述べた。
 走行は約1週間。5台は車体に福島県産水素をPRするステッカーを貼り、浅草や東京タワーといった観光名所を訪問。写真をツイッターなどで紹介する。
 水素は産業技術総合研究所が郡山市の研究所で太陽光発電による電力を使って製造した40キロ。1台当たり3〜4キロを使った。FCVは水素5キロで650キロ走行できるという。


関連ページ: 福島 社会

2019年02月01日金曜日


先頭に戻る