広域のニュース

冬の魅力で訪日増 東北観光会議が宣言

 「雪と文化をテーマとした東北観光プロモーション会議」(山形県主催)が1日、天童市のホテルであり、吉村美栄子山形県知事や東北の観光関係者が「冬の東北観光宣言」を行った。
 宣言は「雪体験」「冬の祭り」「温泉」「冬の食」「冬の絶景」といった固有の観光資源を活用し、東北地方が一体となって訪日外国人旅行者(インバウンド)の拡大を目指すことをアピール。小縣方樹(おがたまさき)東北観光推進機構会長の基調講演、6県代表による観光戦略の紹介もあり、商談会や交流会が開かれた。
 プロモーション会議は山形県内で昨年2月にあった雪がテーマの「国連世界観光会議」がきっかけ。初の会議には、中国、韓国、台湾、香港の観光・メディア関係者26人を含む約150人が参加した。東北各地を会場に年1回ほど開催する方向で調整を図っている。


関連ページ: 広域 経済

2019年02月02日土曜日


先頭に戻る