宮城のニュース

「詐欺の名簿に名前がある」警官ら名乗る特殊詐欺で50万円被害

 宮城県古川署は2日、大崎市の無職女性(79)が警官らをかたった特殊詐欺で現金50万円をだまし取られたと発表した。同署によると1日午後6時半ごろ、女性宅に古川署員や総務省職員を名乗る男から「詐欺の名簿に名前がある」「担当者が行くから指示に従って」などと電話があった。女性は自宅に来た総務省職員を名乗る男にカード2枚と暗証番号のメモを手渡し、うち1枚から50万円を引き出された。同署には同様の電話への相談が相次いで寄せられており、注意を呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月03日日曜日


先頭に戻る