宮城のニュース

<B2仙台>最下位相手に手痛い連敗、昇格争い脱落の危機

青森―仙台 第4クオーター、青森・ユツィカスにシュートを打たれる

 仙台は東地区最下位の青森に手痛い2連敗を喫した。シュートの精度を欠き守備でも後れを取った。
 50%が及第点とされる2点シュートの成功率が37.8%では苦しい試合運びを強いられる。それでも何とか追い付いて延長に持ち込んだが、1点を追う残り2秒、フリーでボールを受けた月野が放ったジャンプシュートも外れた。
 守備も乱れた。青森のセンター、ユツィカスを2人で囲むまでは予定通りだったが、空いた選手へのフォローが遅れて何度もフリーで3点シュートを打たれた。桶谷監督は「(3点シュートを)9本も決められては勝てない」と振り返った。
 2連勝して首位の群馬を追走するはずが、逆にゲーム差は4に広がった。プレーオフ進出争いから脱落しかねない危険水域に陥り、桶谷監督は「自分たちで考えて戦えてない」と嘆いた。


2019年02月04日月曜日


先頭に戻る