宮城のニュース

<七十七銀>3支店で本店と遠隔相談が可能に タブレット端末を使用

 七十七銀行は、仙台市内の荒巻(青葉区)、鶴ケ谷(宮城野区)、高森(泉区)の3支店で、タブレット端末を通じた遠隔相談システムを導入した。
 利用するには原則予約が必要。本店のスタッフが相続や資産運用の相談に応じる。3支店を含む市内9支店では3月までに、画面上で口座開設などができるタブレット端末も導入される。
 同行は2018年6月、次世代型店舗としてオープンした石巻市の蛇田支店のぞみ野出張所で、新端末や遠隔相談システムを初めて導入した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年02月05日火曜日


先頭に戻る