広域のニュース

4日の東北各地、強風の影響で列車に乱れ けが人も

 東北各地で4日、強風による列車の運休や遅延が相次いだ。宮城県石巻市で1人がけがしたほか、仙台市では転倒などによる救急出動の要請もあった。
 JR東日本によると、松島−一ノ関間で朝から運転を見合わせるなど、岩手、宮城、福島県などで東北線が大きく乱れた。常磐線は原ノ町−仙台間で夕方まで運転を中止するなどした。仙石、仙山、八戸各線なども一部乱れた。
 岩手県では三陸鉄道の南北リアス線計13本が運休したり、区間運休したりした。花巻空港発着の国内線は全24便が欠航した。
 人的被害もあった。石巻署によると、石巻市内で60代の男性が転倒してけがをした。仙台市では風にあおられてバイクが転倒するなどしたとする119番が相次ぎ、8件の救急出動があった。花巻市では民家の屋根の一部がはがれた。


関連ページ: 広域 社会

2019年02月05日火曜日


先頭に戻る