宮城のニュース

<仙台市>新天皇即位の10連休、14施設で休日保育

 仙台市は5日、新天皇即位に伴う4月下旬からの10連休について、従来は保育所・保育園が休園となる同28日〜5月6日の9日間、保育施設14カ所で休日保育を実施すると発表した。期間中、少なくとも各区1施設で受け入れる。
 4月開園予定のビックママランド卸町園(若林区)、諏訪ぱれっと保育園(太白区)など私立保育園9カ所と市立保育所5カ所で実施する。0〜5歳児を1日計97人、期間中総計約870人を受け入れる。
 仕事などで連休中の保育が難しい世帯が対象。各施設の実施日や申し込みの詳細は2月下旬、市のホームページや各区役所の窓口などで周知する。
 他の施設は、ミッキー保育園北仙台園、あさひの森保育園、支倉保育所(以上青葉区)、乳銀杏保育園、田子希望園(宮城野区)、仙台保育園、木ノ下保育所、南小泉保育所(若林区)、バンビの森保育園、中田保育所(太白区)、ミッキー保育園泉中央園、長命ケ丘保育所(泉区)。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年02月06日水曜日


先頭に戻る