宮城のニュース

<宮城県19年度予算案>IR可能性調査費用500万円計上

 宮城県は5日発表した2019年度一般会計当初予算案に、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)導入の効果や影響などを探る調査費用として、新たに500万円を計上した。
 海外の先進事例やIRを誘致した場合の経済効果、治安など地域社会に与える影響などを調べる。県富県宮城推進室の担当者は「客観的なデータの収集、分析が目的だ」と説明した。
 誘致の可能性について、村井嘉浩知事は「全くの白紙。非常に慎重に考えなければならない。可否の判断の前に、可能性があるか、ないかを調べる」と述べた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年02月06日水曜日


先頭に戻る