宮城のニュース

「石巻別街道」の味巡ろう 仙台で物産展、4市町の地場産品並ぶ

4市町の野菜や特産品が並ぶ物産展

 宮城県内を石巻市から涌谷町、美里町、大崎市に至る国道108号、通称「石巻別街道」の地場産品や観光地をPRする「街道で結ぶうまいもの味めぐり」が5日、仙台市青葉区の東北電力グリーンプラザで始まった。10日まで。
 東北電宮城支店の主催で5回目。4市町の野菜や加工品、スイーツ、地酒など約280品目が並んだ。亀山紘石巻市長は開会式で「海と山の自治体が一堂に会した。多くの人に楽しんでほしい」とあいさつした。
 訪れた青葉区の無職岩渕節子さん(78)は「新鮮な野菜を買いに毎回来ている。調理法を聞けるのも楽しい」と話した。
 先着108人に特産品セットが当たる抽選会を毎日実施。9日に宮城南郷高(美里町)、10日には宮城水産高(石巻市)の生徒による試食販売会もある。午前10時〜午後6時(10日は午後4時まで)。


関連ページ: 宮城 経済

2019年02月06日水曜日


先頭に戻る