青森のニュース

「恥ずかしい」→「しょし」難解な南部弁、八戸工大生が変換アプリ開発 AIを活用、実用化へ

標準語を南部弁に変換するパソコン用アプリを使う佐藤さん(手前)ら=八戸市の八戸工大

 「まるこ(全くできない)」「たましぽろぎ(とても驚く)」−。青森県東部で使われ、地域外の人には難解な南部弁に親しんでもらおうと八戸工大(八戸市)の学生らが、標準語を南部弁に変換するパソコン用アプリを開発した。まだ試作段階だが「人工知能(AI)を活用し、実用化を目指す」と意気込んでいる。方言を伝承する狙いもある。

 パソコンにつないだマイクに向かって標準語を話すと、変換された南部弁の音声が流れる仕組みで、例文も付く。現在はイベント時のみ公開されている。
 「恥ずかしい」と話し掛けると、「しょし」とすぐに反応があり、「そっただ格好だばしょしがべ(そんな格好じゃ恥ずかしいじゃない)」との例文が流れる。
 音声は、南部弁の伝承活動に20年以上取り組む八戸市の柾谷伸夫さん(70)のものだ。柾谷さんは「南部弁を使う人が少なくなり、消滅の危機にある。アプリを使って、郷土文化をぜひ継承してほしい」と期待を込める。
 昨年4月から開発を進め、プログラムを組んだ。現在は登録済みの76単語分しか変換できないが、開発リーダーを務めるシステム情報工学科3年佐藤和範さん(21)は「今後は単語の数を増やし、スマートフォンのアプリを開発したい」と話す。


関連ページ: 青森 社会

2019年02月06日水曜日


先頭に戻る