岩手のニュース

<南部美人>日本酒で世界初のビーガン認定 完全菜食主義者向けで販路拡大へ

ビーガン認定を取得した南部美人の商品

 酒造会社の南部美人(岩手県二戸市)の日本酒が、動物由来の食品を一切口にしない完全菜食主義者「ビーガン」向けの食品として認定を受けた。日本酒の認定は世界初という。輸出している全商品がビーガン協会(英国)の認定を受けた。認定マークをラベルに記載し、海外販路の拡大を目指す。
 同社は日本酒輸出の草分け的存在として知られ、約40カ国に取引先を広げている。久慈浩介社長は「インド、米国などビーガンが多い国に日本酒を広めたい」と話した。連絡先は同社0195(23)3133。


関連ページ: 岩手 経済

2019年02月06日水曜日


先頭に戻る