宮城のニュース

<カルビー>油麩丼をポテチに 宮城の「ご当地味」第2弾、3月4日発売

油麩丼味を再現したポテトチップス

 カルビーは7日、宮城県のご当地ポテトチップスとして3月4日に発売する「油麩(ふ)丼味」をお披露目した。全国47都道府県の「地元ならではの味」を再現するプロジェクトの一環で、宮城県は2017年に発売した「仙台牛の炙(あぶ)り焼き味」に続く第2弾。
 登米市のご当地グルメとして知られる油麩丼を、かつお節としょうゆを中心に甘みのある味で表現した。インターネットの投票で上位に選ばれたしそ巻き味、牛タン味、油麩丼味の3候補から県職員らの意見を踏まえて絞り込んだ。
 県庁で同社関係者の表敬訪問を受けた河端章好副知事は新商品と油麩丼を食べ比べ、「ポテトチップスから卵とだし汁の味わいが伝わってくる。ぜひ多くの方に食べてもらい、登米市を訪ねてほしい」と話した。
 東北6県と新潟、長野両県のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで期間限定で販売する。


関連ページ: 宮城 経済

2019年02月08日金曜日


先頭に戻る