宮城のニュース

ぽかぽか一転…さむっ! 宮城の上空、この冬一番の寒気流れ込む

厚着をして歩く人たち=8日午前7時35分ごろ、仙台市青葉区のJR仙台駅前

 宮城県内は8日、上空にこの冬一番の寒気が流れ込み、各地で寒さの厳しい朝を迎えた。
 仙台管区気象台によると、各地の最低気温は栗原市駒ノ湯が氷点下8.9度、仙台市新川が同5.3度、大崎市川渡が同5.1度。仙台は同2.4度で、最高気温が16.8度を記録した前日とは打って変わって厳しい冷え込みとなった。
 仙台市青葉区のJR仙台駅前では、厚手のコートやマフラーを身にまとった人たちが足早に通勤先や通学先に向かっていた。
 9日の県内は気圧の谷の影響で曇りや晴れの見込み。気温の低い状態は11日ごろまで続く見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月08日金曜日


先頭に戻る