宮城のニュース

<楽天>岸、藤平がブルペン入り 平石監督は2軍練習視察

 7日、1軍の久米島野球場では、藤平投手が2度ブルペン入りし、合わせて125球を投げ込んだ。岸投手も4日ぶりに入り、捕手を立たせたまま100球以上投げた。この日はあいにくの雨で野手陣は室内練習場を中心に調整を進めた。
 平石監督は今キャンプで初めて2軍の仲里野球場を視察。ブルペンでドラフト3位の引地秀一郎投手(岡山・倉敷商高)らの投球練習を見守った。
 視察を終えた平石監督は「野手はあまり見られなかったが、みんないい表情でやっていた」と話した。

☆イヌワシろっかーるーむ

<岸孝之投手(4日ぶりのブルペン入り)>
 「やっと普通のフォームになりつつある。調整は大幅に遅れてはいない」

☆熱血平石語録

<いい投げっぷり>
 「あれだけ腕を振れれば十分。いい投げっぷりだった」(初ブルペンの新人引地の投球を見て)


2019年02月08日金曜日


先頭に戻る