宮城のニュース

<バレンタイン>仙台市内の商戦ピーク 主役は「ご褒美チョコ」自分に甘く?高級志向

チョコレートを買い求める人でにぎわう特設会場=仙台市青葉区の仙台三越

 14日のバレンタインデーを控え、仙台市内の百貨店のチョコレート商戦がピークを迎えている。近年のトレンドだった自分に贈る「ご褒美チョコ」の需要がさらに高まり、「本命」や「義理」に代わって商戦の主役に定着した。各店とも高価格帯の品ぞろえを充実させたり、購入者本人が楽しむことを意識した販売を展開したりしている。

 仙台三越は特設会場で国内外約100のブランドを扱い、東北最大の規模を誇る。全体の売り上げの半分がご褒美チョコとみられ、相場は3700円前後。義理の1500円以下や本命の2000円前後に比べて、高級志向が顕著だ。
 世界各国で昨年、出回り始めたばかりの希少な「ルビーチョコレート」も用意。実演販売のブースを2カ所増やして7カ所にしたほか、国内外の有名ショコラティエら14人が入れ替わりで連日、会場を訪れてPRする。
 仙台市青葉区の大学生の女性(23)はフランスの3500円のブランド商品を購入。「味や作り方などの特徴を知るうちに買いたくなった。自分と家族のお土産にしたい」と話した。
 担当者は「自身のチョコを買い求める方にアピールするため、実演販売などでライブ感を演出している。バレンタインデーのイベントというよりも世界のチョコの祭典として楽しんでほしい」と話す。
 藤崎も売り上げの半分をご褒美チョコが占める。顧客が味を確認して楽しめるよう、特設会場にイートインを備えた。品ぞろえは国内外の高級品に加え、宮城、東北らしさを前面に出す。
 高級品の代表格が、イタリアの宝飾ブランド「ブルガリ」のチョコレートで2個入り2501円。創業200周年記念の限定品となった。宮城の日本酒「綿屋」や仙台味噌(みそ)、山形の菓子「乃(の)し梅」を使ったチョコレートも人気だ。
 ご褒美チョコが主流となったことで、特設会場を繰り返し訪れる顧客も多く見込める。無料通信アプリLINE(ライン)に登録し、1日1000円以上の商品購入でもらえるスタンプの数に応じて商品をプレゼントするキャンペーンも実施。リピーターを増やし、売り上げの底上げを図る。
 担当者は「見て楽しく、食べて楽しい、何度でも訪れたくなるイベント。既に売り切れの商品もある」と早めの来店を呼び掛けた。


関連ページ: 宮城 経済

2019年02月09日土曜日


先頭に戻る