岩手のニュース

<雪あかり>スノーキャンドル 盛岡の街に光揺らめく

夕暮れの街に浮かび上がる雪像

 約1万5000個のスノーキャンドルで冬の街を彩る「もりおか雪あかり」(実行委員会主催)が、盛岡市中心部を会場に開かれている。9日まで。
 メイン会場の岩手公園には、市民が制作した雪像9基が登場。雪のブロックを積み重ねて一つ一つにろうそくの明かりをともしたピラミッドや干支(えと)のイノシシをかたどった滑り台がお目見えし、多くの親子連れでにぎわった。
 盛岡市の工藤有ちゃん(6)は「ろうそくに火を付けるのを手伝った。きらきらしてきれいだった」と笑顔で話した。
 点灯は午後5〜8時。入場無料。連絡先は実行委事務局019(621)8800。


関連ページ: 岩手 社会

2019年02月09日土曜日


先頭に戻る