宮城のニュース

喜びの春一足早く 東北学院大で合格発表

自分の受験番号を見つけ、母親(左)と喜ぶ受験生

 東北最大の私大、東北学院大で12日、2019年度の一般入試(前期日程)などの合格発表があった。
 仙台市青葉区の土樋キャンパスに6学部16学科の合格者3758人の受験番号が掲示された。合格を勝ち取った受験生はアメリカンフットボール部の学生に胴上げで祝福された。
 法学部法律学科に合格した仙台三桜高3年青木瑞歩さん(17)は「一生懸命勉強を頑張ってきたのでうれしい」と涙ぐんだ。白石高3年岡本稜平さん(18)は「東北の経済発展に役立つ勉強がしたい」と抱負を語った。
 一般入試は5609人が受験し、合格者は2228人(実質倍率2.5倍)だった。大学入試センター試験利用入試の前期は3601人が受験し、合格者は1489人(同2.4倍)。文学部の英語外部試験利用入試は65人が受験し、合格者は41人(同1.6倍)。
 一般入試(後期日程)は3月6日。センター試験利用入試の後期と共に、同13日に合格者を発表する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月13日水曜日


先頭に戻る