岩手のニュース

陸前高田に女性だけの建設会社誕生 育児との両立目指し人手不足に備える

国道をパトロールして滑り止め用の砂を補充する女性社員=岩手県住田町

 岩手県陸前高田市に、女性だけの建設会社「千吉(ちよし)建業」が誕生した。岩手県住田町の建設業「吉田工務店」の子会社で、親会社から道路の維持管理業務を受託する。男性職場のイメージが強い建設業界に仕事と子育てを両立できる環境を整え、将来の人手不足に備える。
 千吉建業は昨年11月に法人登記し、今月1日に業務を始めた。国道のガードレール交換やアスファルト補修、道路パトロールを請け負う。
 社長の千田美恵さん(44)と新規採用した社員3人は全員、子育て世代の母親たちだ。勤務は平日午前8時45分〜午後3時45分で、実際に現場に赴いて作業に当たる。土、日曜と祝日は休み。基本給は親会社の男性社員とほぼ同じという。
 道路の維持管理は通年業務となる。工期の縛りがないため、授業参観や運動会といった学校行事に合わせた休暇の取得、子どもの急な発熱などでの早退にも柔軟に対応できる。
 これまで農業に従事していた安生みゆきさん(34)は「子どもと接する時間を増やしたかった。機器の操作に不安はあるが、人の役に立ててうれしい」と話す。元ラーメン店アルバイトの佐々木智子さん(46)も「家事などがしやすくなる」と喜ぶ。
 親会社は「男性と一緒の職場より女性だけの職場の方が互いの事情を理解し合い、気兼ねなく有給休暇を取得できるのではないか」と期待する。作業時の負担軽減のため、重い資材や道具を運ぶためのリフト付き車両や移動式トイレを用意した。
 将来的には高所作業車や小型特殊車両の資格を取得してもらい、担う業務を少しずつ増やしていく方針だ。
 親会社で役員を務めていた社長の千田さんは、2人の子育ての真っ最中。「大変なこともたくさんあるだろうが、女性が働きやすい環境をつくりたい」と意気込んでいる。


関連ページ: 岩手 社会

2019年02月13日水曜日


先頭に戻る