宮城のニュース

PR動画「登米無双3」 再生100万回超世界に挑む

再生回数100万回を突破したPR動画第3弾のポスター

 宮城県登米市のPR動画の第3弾「アスリート四人衆と登米市の登米師! 登米無双3 トメられぬ市民の愛篇」が、公開から約3カ月で再生回数100万回を突破した。市はさらに再生回数を伸ばそうと、動画に外国語の字幕を入れる「多言語化プロジェクト」をスタートさせるなど国内外へのPR強化を図る。

 「登米無双3」は2016年に製作した「Go!Hatto登米無双」、17年の「登米無双2」に続く作品で、市民が多数出演している。昨年10月4日に市のホームページにリンクしている特設サイトで公開。今年1月6日に再生回数100万回を達成した。
 外国人視聴者をターゲットにした多言語化プロジェクトでは、最初に英語版作りに着手する。市内の小中学校に勤務する外国語指導助手(ALT)や英語の得意な市民ボランティアを募って今月下旬に初会合を開く。3月末までに英語版の字幕を完成させる。
 4月以降はさらにボランティアを募って、中国語や韓国語の字幕作りを進める予定。
 動画は4分30秒。郷土料理「はっと」を謎の集団から守る第1弾、第2弾の物語の続編で、最強アスリート四人衆が登米市に襲来し、市民と対決する。養豚や料理、木工、ボート競技などさまざまな職能や技能を持つ「登米師」が四人衆を迎え撃つコミカルなストーリーだ。
 市企画政策課は「海外の人にも見てもらい登米市を知ってほしい。外国人観光客の誘致にもつなげられれば」と話す。
 100万回達成記念企画として市は動画に登場する農産物直売所や長沼フートピア公園、道の駅など市内4カ所を実際に巡るスタンプラリーも実施。4カ所のスタンプを集めると、先着100人がエコバッグやクリアファイル、スマホクリーナーをもらえる。
 連絡先は市企画政策課0220(23)7331。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月17日日曜日


先頭に戻る