宮城のニュース

<仙台・高1自殺>「みんなより劣っている」反省文提出

自殺した男子生徒が書いた反省文の写し

 宮城工高の男子生徒が自殺する約2カ月前の昨年6月、「みんなよりも劣っている」などと書いた反省文を学校に提出していたことが16日、分かった。遺族側は「先生に言われて書かされたのではないか」と話し、行き過ぎた指導をうかがわせる資料と見ている。
 反省文はA4判3枚分で、約2800字。機械科の溶接実習に関するリポートについて、教員から不十分な点を指導され、反省文の提出を求められたとみられる。日付はリポート提出期限の昨年6月27日だった。
 男子生徒は反省文で「みんなができていることをできないというのは、みんなよりも劣っているということだと思います」と記した。提出物の遅れなどに触れ、「中学校では許されていましたが、高校では許されない」とし、「高校に入ったつもりでしたが、まだ中学生だったことに気付きました」などとつづった。
 宮城工高の西尾正人校長は昨年10月末の記者会見で「リポートへの指導は工業教育の範囲内と把握している」と説明した。宮城県教委高校教育課の伊藤俊課長は「反省文は第三者委員会の調査対象で、(自殺の背景を調査する上で)重要な資料の一つだ」との認識を示す。


関連ページ: 宮城 社会 いじめ自殺

2019年02月17日日曜日


先頭に戻る