岩手のニュース

<ガりんご>盛岡のすし店、地元のリンゴでガリの食感実現 冷麺の具材にも

ガリそっくりの食感が楽しめる「ガりんご」

 岩手県盛岡市のすし店「一の〇(まる)」が、地元のリンゴを甘酢に漬けてにぎりずしの付け合わせ「ガリ」そっくりに仕立てた商品「ガりんご」を発売した。店主の高橋剛一さん(44)は「使い道はさまざま。地産地消に貢献したい」と意気込む。
 ショウガの代わりに盛岡市乙部で生産したふじやジョナゴールドを使用。1.5ミリほどにスライスしていったん塩漬けし、水で戻してリンゴ酢などに漬けた。
 ガリの語源とされる「がりがり」した食感を再現するため、品種の選定や薄さの調整に2年を要したという。高橋さんは「リンゴとは気付かないほどの完成度に仕上がった」と話す。
 締めさばなど魚料理の付け合わせやポテトサラダ、冷麺の具材にも使えるという。100グラム入り538円。連絡先は「一の〇」019(623)8710。


関連ページ: 岩手 社会

2019年02月18日月曜日


先頭に戻る