宮城のニュース

古典雛 ほっこり うっとり 白石・寿丸屋敷

多彩なひな人形が並ぶ特製の7段飾り

 大正時代の旧商家を豪華なひな飾りで彩る「ほっこりおひなさま展」が、白石市中町の寿丸屋敷で開かれている。3月10日まで。
 大広間に市民が寄贈したひな人形約130体を展示。昭和30〜40年代の七段飾り7セットを幅8メートルで壮麗に飾り付けた。明治、大正期の貴重な古典雛(びな)を並べ、華やかな野だての気分を味わえるコーナーも設けた。
 午前10時〜午後4時。入場無料。創作ひな人形や和小物などの展示販売もある。3月1〜3日には、柴田町の和紙人形作家大槻幸子さんの作品展や和紙人形作り体験教室(参加料600円)が開かれる。連絡先は白石まちづくり会社0224(25)6054。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月22日金曜日


先頭に戻る