宮城のニュース

<天皇陛下在位30年>仙台市内6ヵ所 市が記帳所設置

天皇陛下の在位30年を祝い、記帳する市民=仙台市役所本庁舎

 仙台市は21日、政府が24日に主催する天皇陛下在位30年記念式典に合わせ、本庁舎1階と各区役所の計6カ所に記帳所を設置した。25日まで。
 青葉区の無職菊地洋子さん(60)は「お会いしたかった。4月に退任されるのはとても残念。東日本大震災の被災地に足を運ぶなど、国民に寄り添う素晴らしい天皇だったと思う」と述べた。
 午前8時半〜午後5時。23、24日も記帳できる。記帳簿は宮内庁に送られる。式典のある24日は、仙台文学館(青葉区)や八木山動物公園(太白区)など市有8施設を無料開放する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月22日金曜日


先頭に戻る