宮城のニュース

車輪止め外さず東西線列車移動 車両点検で運行遅れ

 21日午前5時半ごろ、仙台市地下鉄東西線荒井駅で、車輪止めを外し忘れたまま車両の留置場所から列車を動かしたため車輪止めが壊れ、撤去作業のため始発列車の運転を一時見合わせた。14分後に運転を再開し、3本に最大9分の遅れが出た。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月22日金曜日


先頭に戻る