宮城のニュース

<いじめ母子心中>全校児童対象にアンケート実施 仙台市教委方針

 仙台市泉区で昨年11月、寺岡小2年の長女(8)のいじめを苦に母親が長女と無理心中したとされる事件で、市教委は21日、今月末にも全校児童を対象としたアンケートを実施することを明らかにした。結果は、学校の対応などを検証する予定の第三者委員会の調査に生かす。
 市教委は今月中の実施を目指し、質問項目や形式を検討している。全校児童に配布し、保護者と一緒に回答してもらう。「児童に負担がかからないよう、最大限の配慮をしたい」と慎重に進める考えを示した。
 市教委は、女児が昨年6月ごろから腹痛や頭痛を訴え校長室に登校するようになったことを受け、管理職を含む寺岡小の関係教職員が同28日、対応を検討する委員会を開いたことも報告した。一連の経緯を共有し、女児をどう見守っていくかなどを話し合ったという。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月22日金曜日


先頭に戻る