岩手のニュース

魚市場に桜色の春 イサダ初水揚げ 岩手・大船渡

イサダを満載して入港した漁船=21日、大船渡市魚市場

 岩手県沿岸で21日、イサダ漁が始まった。大船渡市魚市場には昨年を20トン上回る195トンが初水揚げされた。幸先の良い春漁の幕開けに大船渡魚市場の千葉隆美社長は「今年の全ての漁に弾みをつけたい」と期待を膨らませた。
 岩手県大槌町の沖合に繰り出した漁船27隻が次々接岸。桜色のイサダを満載した籠を港に揚げた。価格は1キロ当たり53.9〜65円で昨年をやや下回った。
 イサダはオキアミの一種で、養殖魚や釣りの餌となる。宮城県では3月1日に漁が始まる。


関連ページ: 岩手 経済

2019年02月22日金曜日


先頭に戻る