宮城のニュース

<ベガルタ>きょうホーム浦和戦 長沢、シュミットら軽快に体動かす

 J1仙台は22日、仙台市の紫山サッカー場でリーグ戦開幕の浦和戦(23日14時、ユアスタ仙台)に向けて最終調整した。大型補強した優勝候補を相手に昨季まで4年連続白星発進の流れをつないで、今季の戦いに弾みをつけられるか。
 冒頭の15分間だけ報道陣に公開した。先発起用が見込まれる新加入のFW長沢やGKシュミットらがウオーミングアップなどで軽快に体を動かし、ホームで迎える今季初戦に備えた。
 昨季は仙台が13勝6分け15敗の勝ち点45の11位に対し、浦和は14勝9分け11敗の5位。昨季途中で就任したオリベイラ監督が低迷したチームを立て直し、天皇杯全日本選手権でも仙台を破って優勝を飾った。日本代表のFW杉本、DF山中らを補強し、戦力に厚みが増した。
 浦和にはリーグ戦8試合連続で勝利がない。渡辺監督は「ここまで順調で、期待感を抱かせるチーム状況にある。浦和の新しい戦い方や選手の特長をなるべく出させないよう、我慢強く戦いたい」と話した。


2019年02月23日土曜日


先頭に戻る