青森のニュース

<ねこの日>「とらねこたいしょう」一日郵便局長に 馬場のぼるさんのキャラクター、青森・三戸で

配達員と一緒に郵便物を届けるとらねこたいしょう

 2月22日の「ねこの日」に合わせ、青森県三戸町の三戸郵便局は同日、馬場のぼるさん(1927〜2001年)の絵本「11ぴきのねこ」に登場する「とらねこたいしょう」を一日郵便局長に任命した。
 同町は馬場さんの出身地で、11ぴきのねこを活用したまちづくりを進めており、同郵便局のねこの日の企画は今年で10回目になる。
 辞令を受け取ったとらねこたいしょうは窓口に座り、11匹のねこをデザインしたねこの日記念小型通信日付印を押す作業を体験。続いて三戸紫苑幼稚園の園児とダンスで交流したり、配達員と一緒に郵便局周辺の店舗などに郵便物を配布したりした。
 記念日付印は17日から期間限定で、22日は最終日だった。町内の農業熊谷育子さん(66)は「娘に頼まれて押印してもらいに来ました。孫と一緒にグッズを集めているので、買って送りました」と話した。
 橋本正俊局長は「最近は全国や海外からも押印の依頼がある。企画を続けてきて良かった」と語った。


関連ページ: 青森 文化・暮らし

2019年02月23日土曜日


先頭に戻る