広域のニュース

<JR東日本>次世代新幹線、5月から仙台−新青森で試験走行

 JR東日本が開発を進める次世代新幹線の試験車両「ALFA−X(アルファエックス)」の試験走行を、5月に東北新幹線仙台−新青森間で始める方向で検討していることが22日、分かった。走行期間は2022年3月までで頻度は週2回程度、年間最大約70日となる見込み。現在より40キロ速い時速360キロでの営業運転を目指し、安全性や環境性能を検証する。
 高速運転や騒音軽減の技術をテストする。内容に応じて主に時速210〜360キロで走るが、車両性能を確認する試験では時速400キロ走行も数回行う予定。
 原則として営業運転終了後の夜間に実施する。沿線に配慮して住宅隣接地域では深夜を避け、減速して運転する。
 アルファエックスは10両編成で、先端車両の鼻の長さは約22メートル(10号車)と約16メートル(1号車)。トンネル進入時の騒音や車体への圧力軽減を図り、「はやぶさ」などに使われるE5系の約15メートルより長くした。地震時のスムーズな緊急停止や脱線を防ぐ新装置も試す。
 JR東は次世代新幹線を、北海道新幹線が札幌まで延伸する2031年春ごろまでに完成させる方針。


関連ページ: 広域 経済

2019年02月23日土曜日


先頭に戻る