宮城のニュース

<ベガルタ>開幕戦、浦和とドロー 5年連続白星発進ならず

仙台―浦和 後半、仙台・長沢(左)が右からの折り返しを頭で合わせてゴールを狙う(写真部・小林一成撮影)

 サッカーJ1仙台は23日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で浦和との今季リーグ開幕戦を0−0で引き分け、5年連続の白星発進はならなかった。
 スタンドには1万8567人の観客が詰め掛けた。仙台は昨年12月の天皇杯全日本選手権決勝で浦和に敗れており、雪辱を期してホームで迎え撃った。前半からボールを支配されながらも堅守でしのぎ、速攻などからFWの長沢駿やハモンロペスらがシュートを放ったが、得点を阻まれた。
 仙台は次節の3月2日、横浜市の日産スタジアムで横浜Mと対戦する。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2019年02月24日日曜日


先頭に戻る