宮城のニュース

<B2仙台>白戸「好き勝手やられた」

 白戸が昨季仙台の司令塔で、宮城・明成高の先輩石川をマークしたが、序盤に3点シュート2本を決められるなど勢いを止められなかった。
 ファウルを誘うプレーや、壁役を使ってうまくマークをずらされ「後手に回り、好き勝手やられたという印象。(元チームメートということを)意識し過ぎた」と振り返った。
 ギアを上げた後半は見違えるように動きがよくなり、前半15得点の石川を5得点に止めた。「非常に疲れた。第2戦は前半からしっかり抑えたい」と雪辱を誓った。


2019年02月24日日曜日


先頭に戻る