青森のニュース

自慢のつるつる頭で吸盤綱引き ダーツの的にも

自慢のつるつる頭を使って、ひもを引っ張り合う「吸盤綱引き」

 青森県鶴田町で「暗い世の中を頭の光で明るく照らそう」と活動する薄毛の男性を中心にした団体「ツル多はげます会」の例会が22日、町内で開かれた。自慢のつるつる頭を使って、ひもを引っ張り合う「吸盤綱引き」などを実施した。
 はげ頭をダーツの的に見立て冷却シートを投げる「ハゲピタダーツ」や、丸くくりぬいた穴から頭を出した人を当てる「平和の光当てクイズ」でも盛り上がった。
 吸盤綱引きを連覇した鶴田町の飲食店経営藤田哲也さん(50)は「洗顔フォームで頭を整えてきた」と誇らしげ。4位だった富山県射水市の自営業竹内彰一さん(71)は「今後も『はげ道』に励みます」と悔しさをにじませた。
 団体は1989年に結成。毎年、2月と中秋の名月に合わせた時期に例会を開いている。22日は県内のほか、北海道や富山県などから約30人が集まった。


関連ページ: 青森 社会

2019年02月24日日曜日


先頭に戻る