山形のニュース

<とうほくドローンeye>上山・仙人沢/アイスクライミング 高さ30メートル氷瀑に挑む

 氷壁に突き刺すピッケルの音だけが、氷の世界に響く。ピッケルで砕かれたつららが時折、雪の上にどさっと落ちる。
 蔵王坊平高原(上山市)にある仙人沢の標高約1400メートルの地点に、昼でも日が差さない広大なくぼ地がある。そこに高さ30メートル、幅10メートルの氷瀑(ひょうばく)がそびえる。
 滝が凍ってできたかのようにも思えるが、元々滝はないという。寒くなると、くぼ地に落ちる水が少しずつ凍っていき、厳冬期には巨大なシャンデリアのように成長する。
 東根市の会社員で、K2(8611メートル)に登ったこともある登山家の飯沢政人さん(33)がくぼ地に降り立った。頑丈そうな氷の柱を見定めてから、よじ登り始める。
 30分ほどで氷柱のてっぺんにたどり着いた。「達成感と絶景がご褒美です」と飯沢さん。青白い光を発する氷の柱が、眼下のくぼ地を取り囲んでいた。
(写真部・庄子徳通、佐藤将史)
     ◇          ◇
 思いのままに空を舞って大地や海を見渡したら、どんなに楽しいだろう。そんな見果てぬ夢をかなえてくれるドローン(小型無人機)と共に、東北のあちこちを旅してみた。

▽動画ページはこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


関連ページ: 山形 社会

2019年02月26日火曜日


先頭に戻る