宮城のニュース

<2分の1成人式>夢や目標力強く 宮城・大河原南小

将来の目標を元気よく発表する児童

 宮城県大河原町大河原南小(児童272人)で26日、「2分の1成人式」があり、10歳になった4年生43人が将来の夢や目標を力強く宣言した。
 新山祐子校長が「育ててくれた人への感謝を忘れず、夢に向かって歩んでほしい」と述べ、全員に式の認定書を授与。保護者が見守る中、生徒たちは「鳥山明さんのような漫画家になりたい」「建築家になるためデザインの勉強をする」と大きな声で語った。
 最後は全員で「翼をください」の合唱を披露。児童が感謝の気持ちを表す手紙を読み、保護者が涙を流す場面もあった。


関連ページ: 宮城 社会

2019年02月27日水曜日


先頭に戻る