宮城のニュース

全中スキー優勝を知事に報告 中山さん「応援や指導結果に」

村井知事に優勝を報告する中山さん

 新潟県湯沢町で4〜7日に開かれた全国中学校スキー大会の女子回転で優勝した宮城県名取市みどり台中3年の中山美咲さん(15)が25日、県庁を訪れ、村井嘉浩知事に全国制覇を報告した。
 2回の滑走の合計タイムを競う種目で、中山さんは1分27秒72を記録。「やっと優勝できてうれしい。周りの応援やコーチの親身な指導が結果につながった」と喜びを語った。
 同大会での県勢の優勝は27年ぶりの快挙。3月にイタリアで開かれる16歳以下の国際大会への出場も決まっている。村井知事は「スキーは北海道や長野県が強い中で、優勝できたのはすごい。さらに大きな大会で勝てるように頑張ってほしい」と激励した。
 中山さんは、両親や兄の影響で2歳でスキーを覚えた。幼稚園の頃に競技に取り組み始め、小学生で各種大会で活躍。高学年の頃から山形県鶴岡市のクラブチームに入り、現在も練習に励んでいる。
 中学卒業後は日大山形高に進学し、スキー部に入って技術を磨く。中山さんは「将来はオリンピックやワールドカップに出場し、いい成績を残せるよう頑張りたい」と目標を語った。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2019年02月27日水曜日


先頭に戻る