岩手のニュース

<盛岡・1歳児食塩中毒死>損害賠償訴訟 元被告と和解成立

 盛岡市の認可外保育所で2015年8月、下坂彩心(あこ)ちゃん=当時(1)=が塩化ナトリウム中毒で死亡した事件で、両親が保育所を経営していた吉田直子元被告(35)に6270万円の損害賠償を求めた訴訟は26日、盛岡地裁で和解が成立した。
 原告、被告とも和解内容を明らかにしていないが、吉田元被告が和解金の一部を26日に支払い、残りを分割して支払うとみられる。
 彩心ちゃんの父亘さん(29)は、内容は「不本意」としつつ、「(協議で)裁判官に傷害致死であると認めてもらい(吉田元被告に)生涯を懸けて償うと約束させた」と和解理由を説明した。
 盛岡地裁は18年9月、彩心ちゃんに食塩を入れた乳児用イオン飲料を飲ませて死亡させた業務上過失致死罪で吉田元被告に禁錮1年、執行猶予3年の判決を言い渡し、確定した。両親は「刑事裁判では真実が明らかにならない」として18年2月、損害賠償訴訟を提起した。


関連ページ: 岩手 社会

2019年02月27日水曜日


先頭に戻る