宮城のニュース

<女川原発>再稼働住民投票条例案審議 連合審査会きょう初開催

 東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働の是非を問う住民投票条例案を巡り、県議会の総務企画、環境生活農林水産の両常任委員会は27日、条例案を審議する連合審査会を28日に初開催することを申し合わせた。両常任委の各10人で構成し、県議会棟5階の大会議室で開催する。来月14日にある審査会の審議に向け、参考人招致など運営方法を決める。
 来月14日の審議では、条例制定を請求した市民団体「県民投票を実現する会」の多々良哲代表が意見陳述する見通し。東北大大学院の河村和徳准教授や多々良代表ら3人を参考人として招き、質疑時間を設ける方向で調整している。
 県議会会議規則に基づき、連合審査会が開かれるのは1976年以来43年ぶり。審査会に所属していない会派議員の発言も認める。審査会での審議を経て、議案が付託される総務企画委で採決する。


2019年02月28日木曜日


先頭に戻る